最近やっと、師匠のいう自由さが見えてきた気がする。 打ち合わせのある手順を反復して、どれほど早く動けるようになったとしても、そこから生まれる心身の変化は実用性に乏しく、我々の目指す方向はそっちではないよ。と言うことみたいだ。 クラヴマガには、見映えする鮮やかなテクニックなど、どうやら一つもない。 存在するのは、練習の方法だけであり、それ故に真のクラヴマガを知れば、何を練習してもそれがクラヴマガの稽古となる。 自由をいつか獲られる稽古の心得と、具体的な方法について、私は求められていたようだ。 確かに、私のしていたことは、殺陣に近い。 いや、上手い殺陣師なら、どんなにレベルの低い相手でも、斬らせて生む自由を用い、フレームの中に芸術を生み出せるのではなかろうか。
↑『404』を人気ブログランキングに投票する! おはようございます。 日曜日なのにこんなに早起きしています。…猛烈に眠たい。 というのも、本日は立川にてボアズ先生の1dayレッスンのため。 今回は東大和市の体育館で行われます。 ちがさきくんことOKIAのクラスもそうだと思うけど、わたしもたじみ中隊のみなさんには、昇級昇段も考えている人は、こうして定期的に1dayレッスンなどで師匠のチェックと修正と伝授を受けてねって勧めているわけですが、 電車で行くはずだったボアズ先生から、今日は天気がいいしバイクで行くよってさっきメールがあって二度寝から起きた。 なかったらねぼうしてた! 臨機応変と書いて、いきあたりばったりと読む。 とゆうわけでいってきまーす。 イミ・クラヴマガ護身術 たじみもとこ担当クラス〈千葉・立川・大森・川崎〉 ↑『404』を人気ブログランキングに投票する!
↑『404』を人気ブログランキングに投票する!

本日師匠は、なんか乃木坂でお仕事だそうで、ちょっと遅れるかもしれないということで、 でもそれが夜の部なのか昼の部なのか、わからなかったので、万が一にはお留守番でもしようかと、ふだん通りの遅刻ができず妙に早い時間から出発したわけですが、 昼の部に、やっぱりすこしだけ遅刻して行ってみたら、YSAの前に師匠のバイクが止まっていて、ほっとしたわけです。 本日は生徒の数もそこそこ多くて、生け贄になる事もなぜか今日はモッチーが多くて、わたしは師匠の体捌きを客観的に観察することができてよかったよ。ミットを持ってとは言え叩かれたり打ち合わせなしに投げられたり関節きめられたりしていると、見たい一箇所を、目で追う余裕はないからね。 じっくり実物を外から観察して、最近あれから考えてたり試したことと、頭の中で擦り合わせつつ、帰ってきました。(ポケモンしながら) 来週、どうもまた新しい無茶振りがやってくるみたいなので、稽古初日からの書き付けを押入れから引っ張り出してきて、読み返していたら、 ヘブライ語で体捌きのことをヅゾートって言うって、先生が言ってたって書いてありました。 フロントからのチョークのうち二種に、ヅゾートが含まれていたことにあらためて気がついたよ。 となると、いま動かないところはここかなと、昼間の先生の体捌きを思い出しながら、オデンを煮つつ動かしているんだけど、左右の腰を開くたび、お腹がグゥと鳴るのはきのせいか。 イミ・クラヴマガ護身術 たじみもとこ担当クラス〈千葉・立川・大森・川崎〉 ↑『404』を人気ブログランキングに投票する!
↑『404』を人気ブログランキングに投票する!

先生が帰国して、今日はひさしぶりの直伝を受けた。 二週ほど間があいたので、私にとってもこれはちょっとした夏休みでした。 自分ひとりで稽古したり、リードをとって練習をしていると、自分の課題を集中的にしかも人をたてて反復することができて有り難い反面、その最中を厳しくチェックしてくれる人がいないので、クラヴマガではないほうへ、わたしが逸れて向かって行ってしまうリスクもあるわけで、 この先生なしのちょっとした夏休みが明けてた今日、久しぶりにレッスンを受けて、先生がある状況があらためて嬉しかったわけです。 半年、毎週いっしょに練習して、本人の強さへのイメージから来る力む癖が抜けてきて、やっと先生に見せられる状態になったなって思い、見せて、褒めていただいたのに、 しばらく稽古の間が空いたら、フォームや運用など形だけはクラヴマガぽいのに大事なクラヴマガがクラヴマガであるところのちからの使い方は、がっちがちに力んだ押すパンチに戻っていた人なんてのも以前あって、 身につく前の体感が忘却される速さと、かつて身についた体感の根強さを、その時に感じましたが、 先生なしに二週間あいた私の身にも、それが起きていないかと心配だったわけです。 さて、蓋をあけてみて、今日はあんまり叱られなかったからよかった。 杖や短棒を用いて体捌きを見てもらった。二週間とりくんだ夏休みの宿題の成果は、まあまあだったのかな。次の課題をもらった。 いままでは脚さばきだったみたい。 相手をたてると、文字通り間に合わない状態が起きてくる。 そこで、正中線を先に捌くのだそうだ。 iPhoneから送信 イミ・クラヴマガ護身術 たじみもとこ担当クラス〈千葉・立川・大森・川崎〉 ↑『404』を人気ブログランキングに投票する!